English in One Sentence! 言い換えシリーズ5 Asking for Information

今週も「お尋ねする側」のアップグレードされた言い換えをご紹介します。 “Where is the restroom?”「トイレはどこですか?」もちろん、なにも間違っていませんよね。でもすこしぶっきらぼうな感じです。かわりに ‘Could you’ を使ってより丁寧で礼儀正しい印象にしてみましょう。 “Could you tell me where the restroom is?”  by Miki H

English in One Sentence! 言い換えシリーズ4

Asking For Help先週はおもてなしする側の “Can I help you?” の言い換えのフレーズでした。 今週は、「手伝ってもらいたい」時のフレーズを考えてみましょう。 “Can you help me?” 「手伝ってくれる?」う~ん、ちょっと直接的すぎる印象がありますよね。 換わりに、“Could you please help me?” “can” を “could” に置き換えてついでに “please” もつけてしまえば、「手伝っていただけますか?」とより丁寧でお願いのニュアンスが強いセンテンスになります。 by Miki H

English in One Sentence! 言い換えシリーズ3

“Can I help you?” 間違えでもないし、失礼でもない、でもなんとなくぶっきらぼうに聞こえてしまったりすることもあります。 もう少しだけ言葉を足して、“Is there anything I can help you with?” 「何かお手伝いできることはありますか?」と聞くことで、より親切で丁寧な印象を与え、具体的なニーズを引き出しやすくなりますよ。 by Miki H

English in One Sentence! 言い換えシリーズ2

“Sit down, please.”「座ってください。」という指示的な表現で、’please’ がついていても丁寧さに欠けた感じです。まるでペットのワンちゃんに「おすわり!」と言っているように聞こえてしまうことさえあります。 ぜひ替わりに “Please have a seat.” / “Take a seat.” 「どうぞお座りください。」や「座ってくださいね。」というこちらのフレーズを使ってくださいね。 by Miki H

English in One Sentence! 言い換えシリーズ1

今週からは言い換えシリーズです。 英文として間違えてはいないけど、ネイティブの人には感じ良く聞こえないフレーズになっている時があるものです。そんな”あるある”をご紹介していきます。 “Are you sick?”だと、「具合悪いの?」“Are you not feeling well?”なら「ご気分が良くないのですか?」というイメージです。 ぜひ貴方の英語もグレードアップしてくださいね。 by Miki H